掲示板
The Animation and Layout exercise book ! 『WALL・E/ウォーリー』を観ました。

The Animation and Layout exercise book !

This is 3DCG Animation and Layout exercise blog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |このエントリーを含むはてなブックマーク

『WALL・E/ウォーリー』を観ました。

『WALL・E/ウォーリー』を観たのでレビューです。(ネタバレありです)
ウォーリー001
どもども

先日機会があって、(といっても結構前ですが…)
『WALL・E/ウォーリー』を観てきたので、
今回はそのレビュー、感想になります。
(ネタバレあります

新宿ピカデリーで観てきました。
ウォーリー002


最初に5つ星満点評価をお伝えするのですが、
評価は5つ星でした
なんといってもシナリオがイイ!
出先で、ピクサーはハリウッド界のKeyとか、
ジブリがなくなってもピクサーがあるから大丈夫!、
など豪語していた輩がいましたが、
何となく納得してしまうぐらいとにかく出来が良いです。
お話もちゃんとSFになってます。

簡単なあらすじはこんな感じです
「地球に人類が消え去り。
 700年間たった1人でゴミ処理作業をしていた主人公、
 突然目の前に舞い降りたヒロインに一目惚れし、
 彼女を追って未知なる宇宙へ飛び出した。
 その先で地球を見捨てた人類に出会う。
 すでに人類は肉体的接触が一切なく、
 人工授精で増え、移動型ネットカフェで生活し、
 体を動かさずにジャンクフードばかり食べ、
 何もかも不感症な、滅亡寸前の状態であった。
 そんな人類が一途にヒロインを追いかける主人公と見て、
 少しずつ人間の心を取り戻し、最後は地球に帰還する」


なんというか…ものすごく風刺も効いたストーリーです。
主人公が一途にヒロインが折れるまで徹底的に追いかけ回るのは、
そんなシナリオが多い「シナリオ工房 月光」のストーリーを、
ふと、思い出します。
随所に有名なSF映画のオマージュが盛り込んであり、
『2001年宇宙の旅』はもちろんのこと、
ラピュタにものすごく影響を与えた『サイレント・ランニング』や、
その他もろもろ発見することが出来ます。

ヒロインはしのぶみたいな怪力系キャラです。
主人公のウォーリーはドジで、
今にも壊れそうな危なっかしいけれど、
ほっとけないキャラクター作りになってます。

あるシーンで、
ウォーリーがやっとのことででヒロインを家に連れ込み、
何をしたかというと、
秘蔵のVHSを見せるというオタクっぷりが、
泣けたというか笑いました。

CGも製作費160億円かかっているだけあって、
デザインも、質感設定も、動きも、
シェーディングも、レンダリングも、
バランスが良く文句のつけどころがないです。
最後のドット絵も良いです。

そんなデートに、友達同士で、家族で、
とオールマイティーな作品ですので、
皆さん機会がありましたら見てくださいませ。

ではでは



テーマ:ウォーリー WALL-E - ジャンル:映画

  1. 2009/01/12(月) 02:30:00|
  2. アニメ映画批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<『オトナアニメ Vol.11』を買う | ホーム | 両国に行った>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iloveanimation.blog100.fc2.com/tb.php/447-b9704a21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。