掲示板
The Animation and Layout exercise book ! 『ダークナイト』を観る

The Animation and Layout exercise book !

This is 3DCG Animation and Layout exercise blog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |このエントリーを含むはてなブックマーク

『ダークナイト』を観る

話題の映画『ダークナイト』を観てきました。
ダークナイト001
どもども

今回、話題の映画『ダークナイト』を観てきました。

この映画、興行収入がアメリカでは、
スターウォーズを超える歴代2位になるぐらい、
観られているそうです

でも、お話はバイオレンスがふんだんにあり、
後味も悪く、あまり救いもない内容なので、
なぜヒットしたのかアメリカの批評家でも、
なかなか結論が出ない状態になっているようです
一説によれば、アメリカの今の気分と、
このお話の内容がシンクロしたからだといわれています。

というわけで立川で観に行ってきました。
ダークナイト002
立川シネマシティのスピーカーは、
他の映画館と比べてシャリシャリ感がなく、
非常に良い映画館です。

実際に観たところ、
「正義とは平和とはなんぞや?」といった、
答えがなかなか出ないものをテーマにしてあるので、
観終わったあとも「あーでもない、こーでもない」と、
いろいろ考えさせられる内容になってました。

「リアルに正義の味方がでてきたらこうなるんじゃないのか?」
というのを体験できます。
正義の味方は平和のためなら、
暴力は当然振るうし、嘘もつく、
無断で盗聴もするし、
たまに業務上過失致死もやる、
そして他人の罪もあえて被ったりもする。
でもそれって正義の味方なの?
それで守られている平和って本当の平和なの?
…と、そんなことを考えさせられる作品でした

質の高い脚本には頭が下がります
役にはまりすぎて精神を病んでしまい、
薬物中毒になり死んでしまったともいわれる、
ヒース・レジャーの演技も凄くて、
そして何よりも怖かったです
またハンス・ジマーの音楽も良かったです。

ちょっと思ったのが、
アメリカがバットマンとシンクロさせて、
ナルシズム的に自分は悲劇のヒーローだと思いながら、
観ているのであればちょっと嫌だなとは感じました

前作の『バットマン ビギンズ』を観てなくても、
楽しめる内容になってますので、
良作なのでみなさん是非観に行ってね。

ではでは

テーマ:ダークナイト-バットマン- - ジャンル:映画

  1. 2008/08/20(水) 01:45:00|
  2. 実写映画批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<年の移り変わり | ホーム | そばを食べる>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iloveanimation.blog100.fc2.com/tb.php/329-309ebdf2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。