掲示板
The Animation and Layout exercise book ! 『篤姫』とジェンダーのバランス

The Animation and Layout exercise book !

This is 3DCG Animation and Layout exercise blog.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告
  3. |このエントリーを含むはてなブックマーク

『篤姫』とジェンダーのバランス

篤姫』のことを書こうと思ったらジェンダーの話になりました
すき家004

どもども
最近はもっぱらすき家のカレーばかり食べてました。
理由は割引券を大量にゲットしたからです。
券の有効期間も終了したので、
今後は違うのを食べるでしょう


さて以前辛口の批評だった『篤姫』ですが、
(そのときもカレー話でした
最近はかなり面白くなってきました。

特にすっきりしているのは、
女性を主人公にすると必ず課題になる、
ジェンダーの描き方です。
大河ドラマは時代劇という題材ゆえに、
女性の描き方がステレオタイプになりがちです。
例えば、
・基本的に戦に関してはそっちのけにされる
・反戦的立場になる
・ドラマの終盤は尼スタイルにされる
ほか、いろいろあります。
過去、松嶋菜々子だろうが仲間由紀恵だろうが、
最終回では尼コスチュームになりました

また、
女性の働き様を描いた民放ドラマなどは、
広告代理店の思惑フィルターが通るためか、
自分探し系や恋愛にこだわりすぎたり、
コミカルなものになってしまったりと、
作品性、おもしろさが半減したものが多いです。

そういう意味で今回の『篤姫』は、
描くのが難しいジェンダー部分を、
女性らしさを殺さない状態で、
年配の方が観ても、若い女性が観ても、
そんなにストレスなく観れる作りになっています。

構造が、
・ベースは成長物語
・トントン拍子な出世
・出世が暴力によって得たものではない
・有能な保護者、師匠
・維新と身分制度、ジェンダー関連がうまくシンクロ
など、バランスが良いです。

というわけで今後も楽しみです。

ちょっと思うのが、
ドラマや民放番組特集や「日経WOMAN」などで、
「仕事も家庭も育児も恋愛も♡両立!」
と、まるで進研ゼミDMマンガを彷彿するような、
理想像があふれているわけですが、
両立するのは至難の業で、
逆に陰鬱な重しになってるのではと考えてます。
一般的にはいろんな人の理解や協力が必要で、
そういう面をあまり見せずに、
描いているものが多いのが原因で、結果…
・仕事ばかりでは女性らしさが破壊されてしまう
・家庭がおろそかだと家族に仕事の理解を得られない
・育児が大切ゆえに仕事が手につかない
・そんな不幸な皮算用をしているだけでそもそも恋愛が絶望的
など現実問題がでていると思います。
華々しい成功例より、
身近な理解、協力をもっと得られるための、
身近な幸せをきっと得られるような、
そんなことをもっと重視した例を、
マスコミとかは見せるべきと思ってます。


ではでは

テーマ:篤姫 - ジャンル:テレビ・ラジオ

  1. 2008/03/02(日) 23:23:18|
  2. 実写ドラマ批評
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
  5. |このエントリーを含むはてなブックマーク
<<ひな祭りと『ポルフィの長い旅』の話 | ホーム | リンガーハットで食べる☆>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://iloveanimation.blog100.fc2.com/tb.php/154-af567514
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。